リモートワーク

【リモートワーク】アーロンチェアのリクライニングの支える力をやや弱めた話

アーロンチェアの、後への傾きの強さをやや弱くする。理由は体重を太ももではなくお尻のほうにもっていくため。座ってみると前に傾きがち。前に傾くと、どうしても太ももの裏に体重がかかってしまって血流圧迫される。落ち着きなく、あぐらをかいてしまうことも多くその分集中はできるけど足の疲れが原因で立ち上がりたくなる。

寝てる時のように、仕事ができれば体が疲れないはず。そんな環境作るにはやはり横になっている姿勢のほうがいいんじゃないかなと思った。

設定の調整方法は右手下にあるバーをひねる。このバーは捻ろうと思うと、いくらでも回せるような感じだから厄介だ。とは言え半周位では効果を感じないので、2週位回して硬さを確認その後は1.5周1周と徐々に好きな硬さに変えていく。

今回考えている方は、のけぞったときに腹筋に力を入れず、そのまま1番下までつくレベル。かすかに支えられている間はあって落ちるほど早くは無いが支えられていると言うほどの力は無い。

それくらいにすることでリラックスする体制にしやすい形に持っていった。無意識のうちに座りたい座ったら楽だと言うふうに感じられるようなアーロンチェアの設定にしておく事は集中力を増す上で重要な要素の1つだと思う。

 

【リモートワーク】アーロンチェア1年目のレビュー|ゲルクッションで胡坐をかいても超快適にこんにちは、ノオトです。 今回は、こういった悩みに応えます。 本記事のテーマ アーロンチェアを購入する/したに向けて「アーロン...
Apple製品を安く購入する方法
Apple製品が好きなあなたへ

Apple製品を安く購入するためのAmazonリンクを貼ります。

>Amazonへのリンク

IPad

Apple Watch

製品は在庫によって入れ替わるので、適宜チェックしてみてください。