このブログはブログテーマ"Swell"を使っています。 Swell公式サイト

【Excel for Mac】新しいフォントは、これ以上設定できません。開いている他のドキュメントを閉じて、再度実行してください

こんにちは、ノオト(@knowledge_notes)です。

ノオト

Mac版Excelで、データ分析をしていると時折このエラーに遭遇します。
エラーメッセージが消えるまで、Excelが固まるのでエラーが出ると業務効率ガタ落ちです。

私の仕事はデータ分析です。

Mac Book Proを使って大量のExcelを分析しレポートを作ったりします。Windows使いだった私はExcel For Macの使い勝手に相当苦労しました。

なぜ、Excelでデータ分析をしなければいけないかというと、お客様の現行業務はExcelのケースが多いからですね。超作りこんだ巨大なExcelファイルを開くと、計算処理で固まったり、落ちたり様々なエラーに遭遇します。

今回はそういったエラーメッセージについて説明し、解決方法を解説します。

本記事のテーマ

Excelを使って仕事をする人に向けて、エラーメッセージ『新しいフォントは、これ以上設定できません。』について解説します。

・エラーメッセージの概要
・エラーメッセージの解決方法

本記事の信頼性

この記事を書いている私はこんな人です。

・Excel for Macを使って日々データ分析
・某外資IT勤務
・MacBook歴10年

読者へのメッセージ

生産性を上げるために、こういったエラーは潰していきたいと思います。

なお、設定を変える際は自己責任でお願いします。

エラーメッセージ

今回取り上げるエラーメッセージについて解説します。

エラーメッセージ

新しいフォントは、これ以上設定できません。開いている他のドキュメントを閉じて、再度実行してください。
英語:”No more new fonts may be applied in this workbook”

一度始まってしまうと出続けるので要注意です。

エラー症状

こういった症状がみられます。

・エラーメッセージがでて「OK」の選択を求められる
・「OK」選択をしても、同じエラーが次のセルで発生し連続する
・エラーメッセージが消えるまでは、Excelは操作できない

新しいフォント」エラーの被害報告

私は、リモート会議で自分が画面投影している状態でこれが出てしまったので、相当焦りました。エラーとなっているセルの読み込みが終わるまで、基本的に消えません。

10分くらい話が脱線しみんなの時間を無駄にしました。

ノオト

き、消えない・・

新しいフォント」エラーの出る原因

新しいフォントは、これ以上設定できません。」エラーについて、原因を解説します。

原因を一言で

簡単に言うとファイルの開きすぎです。

原因詳細

Excelのフォントの仕様可能な種類には制限があります。

・固有のフォントの種類
・1,024 個のグローバル フォントを使用可能 (ブックあたり 512 個)

(上記意味を、正確に理解しきれていませんが、シートの開きすぎで、使えるフォントが上限を超えたので開けない状態であると考えられます。)

参考までに、MicrosoftのExcel仕様と制限を貼っておきます。

【Microsoft】Excelの仕様と制限

新しいフォント」エラー の発生環境

エラー発生環境を紹介します。

・Mac Book Pro 13inch(2020年)
・Microsoft office 365 for MacのExcel

私が使っているのはデスクトップ版のExcel for Macです。Office365はWeb版も使用可能ですが今回発生しているのは、デスクトップ版です。

このエラーは、Windows/Mac問わず、またExcelのバージョン問わず発生します。

新しいフォント」エラーの対処方法

私が、実践する対処方法は3つです。このいずれかで“回避“しています。

1:エラーが出なくなるまで「OK」を押す

このエラーメッセージには終わりがあります。そのため、エラーメッセージが発生しなくなるまで「OK」ボタンを押し続けることで対処可能です。

<操作方法>
・エンターキーの連打

一番ベーシックな方法だと考えられます。

特に、ファイルの保存をしていない場合は、気長に「OK」ボタンを押し続け解消することを推奨します。

2:EXCELの「強制終了」

起動しているEXCELアプリを強制終了します。

<操作方法>
・Excelアプリを右クリック⇒ 強制終了

ファイルのデータを保存している又は消えてよい場合は、強制終了をするのが一番早い方法です。

3:素早くファイルを「閉じる」

これは、やや裏技的な方法になるのですが、「OK」を押して次のダイアログが出るまでに1つのExcelファイルを閉じて見る方法です。閉じるのはどのExcelファイルでもいいです。

<操作方法>
・ファイルを閉じる

結局ファイルを開く際に、「新しいフォントが読めない」と言っているので読むフォントを減らしてあげるという方法ですね。

1つめののやり方で「OK」ボタンを連打して飽きてくると、試したくなる方法です。

→2021/3/12追記
これは実用的ではないですね。もう一度やってみましたが閉じることはできませんでした。もしかすると偶然にもエラーの終わりに閉じただけかもしれません。

エラーメッセージがでている間は、保存ボタンを押しても反応しません。大切なファイルで、保存前の状態のファイルがある場合は、強制終了すると更新分が保存されないので注意が必要です。
その場合、1つ目の「OK」を押し続ける方法が最善です。

さらに効率的にMacを活用するための3つの方法

Macをさらに効率的に活用する方法が3つあります。

1最新のMacに買い替える
2Macの高速化・最適化をする
3Macを諦め、Mac上でWndowsを動かす

さらに性能のよいMacをチェックする

Mac自体の性能をUPさせるのはもちろん、最新のMacに買い替えてマシンのパワーアップを図るのはいかがでしょう。

最新のMac Bookの性能を確認する

Macの高速化&最適化を試してみる

Macの高速化&最適化を目的としてこういったソフトを試してみるのも1つの手かもしれません。

Macの高速化&最適化なら | CleanMyMac X

・ワンクリックでMacの不要なファイルやキャッシュを自動で削除。高速化&最適化を実現。
・Macの動作スピードを大きく改善。Mac用クリーンアップアプリの決定版。

Macに仮想デスクトップを入れて、Windows上で操作する

Windows版とMac版では同じExcelのソフトでも動作が異なります。

仮想デスクトップを使って、Windows上で、Macを動かしてみるのも今回のエラーに対応できるかどうか試してみるのも1つの方法かもしれません。

MacでWindowsを使えるソフトウェア【Parallels】
・Mac上でWindowsを使えるソフトウェア
・無償トライアル版もあり

新しいフォント」エラーに対する試行錯誤

ここからは、エラーメッセージに対抗すべく、私が試行錯誤してみたことを紹介します。

結論を先に言うと、効果が見られた方法ではありませんでした。

既定のフォントを変更

既定のフォントのデフォルト値は「本文のフォント」になっています。

これはExcelの環境設定>全般から確認可能です。

※「本文のフォント」とは本文に使われるフォントを指します。Excelで言う本文とは、セルの中身のデータフォントを意味します。

現在の私の環境におけるテーマのフォントはこのような設定です。

英語
・Calibri Light(見出し)
・Calibri (本文)

日本語
・游ゴシック Light(見出し)
・游ゴシック Regular(本文)

Officeのデフォルトテーマがこの設定で変更をしていない状態です。

フォントは特別詳しくないのですが、下記のように馴染みのArial×MS Pゴシックに変えてみる実験です…

ノオト

あれ?エラーでなくない?そしてファイル開くの早くない?

現段階これが効果があるのかはわかっていません。いてい期間既定のフォントを「MS Pゴシック」に変えて、過ごしてみたいと思います。

既定のフォントを変更(経過観察結果)

→2021/3/16追記

やっぱりFileを開きすぎだと、エラーメッセージが発生しますこの方法は効果がないことがわかりました。
「新しいフォントは、これ以上設定できません。開いている他のドキュメントを閉じて、再度実行してください。」
出る頻度が減ったかどうかはかどうかは、もう少し様子見をします。

このエラーメッセージ予防策を検討

エラーが発生しやすいのは、複数シート・複数ファイルを開く際です。

一度に開けるフォント数には制限があるためです。

  • 複数シート
  • 複数ファイル

予防方法としては、使っていないファイルはこまめに「閉じる」方法が考えられます。

私はPCをあらかじめ2台で作業するようにしています。

ノオト

根本解決は今のところ、未発見

「新しいフォントエラー」の予防策のアイディア

MacでExcel操作は速度だったりショートカットだったりWindowsに比べるとイマイチかもしれません。

しかし、支給されたPCがMacBookだったら従うしかありませんよね。これを制約としてとらえ、他にExcelをうまく使う方法がないか4つ考えてみました。

VMware上でExcelを使う

私は、MacにVMwareを入れて、WindowsOS環境も作りExcelを入れることで回避できないかと言うことで試してみましたが、同じようにファイルの開きすぎではエラーが出ました。

ブラウザ版のExcelを使う

こちらもショートカットを含めて、一通り触ってみました。コラボレーション作業には向いていますが、1人で素早くデータ分析には向いていません。理由は、読み込み速度です。ブラウザでExcelを開くと表示されていない箇所は、ページスクロールによって
都度読み込みになります。

こちらでは、エラーはまだ発生したことを見ていません。操作性に難ありです。

用途別の小さなEXCELを作成

巨大なEXCELであっても、見たい部分が明確であればファイル自体を分割するなど「下ごしらえ」します。今の業務の場合、何度も開く可能性があるので、オリジナルファイルとは別に参照用の軽いファイルを作って使っています。

結局は、こまめに閉じるという方法です。小さくファイルを分けることで起動は多少早くなりましたが、今回のエラーメッセージには効果はありませんでした。

Excelのフォントキャッシュクリア

あわせて読みたい
【Mac効率化】Excel For Macの文字入力が遅い時の「フォントキャッシュのクリア」 こんにちは、ノオト(@knowledge_notes)です。 EXCEL for Macを使う際に、文字入力がもっさりすると感じることがあります。なんとかならないかな? 今回は、こういった...

似たようなエラーメッセージの関連記事の紹介

フォントの種類が最大数を超えたため、ファイルの書式設定が一部変更された可能性があります。現在開いている他ドキュメントを閉じて、再度実行してください。

こちらは解決策があります。

あわせて読みたい
【Excel for Mac】フォントの種類が最大数を超えたため、ファイルの書式設定が一部変更された可能性があ... こんにちは、ノオト(@knowledge_notes)です。 Mac版Excelで、データ分析をしていると時折このエラーに遭遇します。エラーメッセージが消えるまで、Excelが固まるので...

Macを効率よく活用するための関連記事

あわせて読みたい
【Mac効率化】BetterTouchToolで複数デスクトップ切り替えを行うのすこぶる効率がいい  こんにちは、ノオトです。 本記事のテーマ Macユーザに向けて「複数デスクトップ運用の良さ」について書きます。 本記事の信頼性 本記事を書いている私はこんな人です。...
あわせて読みたい
【Mac効率化】Magicキーボードの右上「イジェクトキー」にショートカットキーを割り当てる方法 毎日の作業でショートカットキーは必須です。キーボードの右上に使っていない「イジェクトキー」があるということに気が付きました。 本記事のテーマ Macユーザに向けて...
あわせて読みたい
【Mac効率化】elgato Stream Deck XLでリモートワークを効率化|ガジェットレビュー こんにちは、ノオト(@knowledge_notes)です。 今日は、仕事の効率を上げたい人のために、『elgato Stream Deck XL』を紹介します。最強最速にして、唯一無二の神ガジ...

オススメExcel本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!