ブログ

経験をアウトプットをする

こんにちは、ノオトです。

ノオト
ノオト
いろいろな経験をしているはずなのに、自分の書く情報に自信がありませんでした。しかし、書き続けることによって少しづつ形になってきた感はできてきました。

本記事のテーマ

2年前の自分に向けて「アウトプットすること・続ける事」について書きます。

本記事の信頼性

本記事を書いている私は、こんな経験があります。
・Xx

読者へのメッセージ

いろいろな経験をしているはずなのに、自分の書く情報に自信がありませんでした。

それでは、いきましょう。

へたくそなアウトプットに自信がなかった

書いていると「もっといい情報はネットに溢れてるのに」とか、「もっと人を惹きつけるエモい文章が買いたいな」とか。自分のアウトプットに正直自身がありませんでした。

書くことにかけられる時間も、細切れで誤字脱字や未記入の記事が平気である状態でUpしています。

書き続けることで、少しづつ変化が

とにかく書くようにしています。

自分の経験の中で、何か新しい視点や発見があった時は必ず何かをメモします。メモがブログだっていいと思います。

ブログのいいところは、文章が残るんですよね。なんかそういったものを積み重ねていくうちに自分の理想とする期待値と自分自身がちょうどいいくらいに重なったんですね。

書きかけのブログは、背伸びしていない証拠だし。時間があればすこしづつ推敲できる引き出しのようなものが出来上がって。

調べれば何でもわかるから調べない。

自分の情報に自信がなかった理由の1つは、調べれば何でもわかるからです。

実際に経験している人は案外少ないかも

美しい抽象的な教訓よりも、具体的なドロドロ経験に価値がある。

まとめ

関連記事

>>>CTAをここに設置予定