このブログはブログテーマ"Swell"を使っています。 Swell公式サイト

【Excel for Mac】この数式には問題があります。|原因と解決策

こんにちは、ノオト(@knowledge_notes)です。

ノオト

先日、Mac版Excelを使っていると「この数式には問題があります。」と言われてしまいました。
そのままOKを押したので、詳しく見てなかったのですがあれはなんだったの?

私の仕事はデータ分析です。

Excel for Macを使っていると、時々エラーのポップアップが出ます。いちいち全部を確認していないので、意識せずにOKを押していますが、結局どういうことだったのか、気になることありませんか。

今回はそういったエラーメッセージについて説明し、解決方法を解説します。

本記事のテーマ

Excelを使って仕事をする人に向けて、エラーメッセージ『この数式には問題があります。』について解説します。

・エラーメッセージの概要
・エラーメッセージの解決方法

本記事の信頼性

この記事を書いている私はこんな人です。

・Excel for Macを使って日々データ分析
・外資IT勤務
・MacBook歴10年

読者へのメッセージ

一度理解すると、その後も安心して作業ができます。

理解すると、作業ミスが減ったり、生産性を上げることができます。

なお、設定を変える際は自己責任でお願いします。

エラーメッセージ

今回取り上げるエラーメッセージについて解説します。

エラーメッセージ

この数式には問題があります。
英語:There’s a problem with this formula

細かくいろいろと書いてあるのが、読むのが面倒ですね。

エラー症状

こういった症状がみられます。

・エラーメッセージが表示される
・「OK」の選択を求められる
・誤った数式が強調表示される

注意を促されるだけです。

「この数式には問題があります。」エラーの被害報告

このエラーメッセージがでたところで、特別な被害はありません。

どちからというと、関数の誤りを指摘しているということです。

Macであれば、SpaceキーでOKを押すことができるので、Spaceキーで進むのが良いでしょう。

ノオト

実害なし!

「この数式には問題があります。」 エラーの出る原因

「この数式には問題があります。」 エラーについて、原因を解説します。

原因を一言で

数式間違ってます。

原因詳細

Excelでは、決められた書き方「構文」があります。

構文を守って書かないと、Excelが実行する数式を理解できず、処理ができないんですね。

細かく下のメッセージを読んでいきます。

数式を入力していない場合は次の点に注意します。
最初の文字に等号 (=) やマイナス記号 (-) を使用している場合は、数式として認識されます。
• 入力内容: =1+1、セルの表示: 2これを回避するには、先頭に単一引用符 ( ‘ ) を入力します。
• 入力内容: ‘=1+1、セルの表示: =1+1

数式を入力していない場合は次の点に注意します。
最初の文字に等号 (=) やマイナス記号 (-) を使用している場合は、数式として認識されます。

ノオト

数式いれたのか、文字を入れたのか判別できないって言ってます。

数式の頭に、イコール(=)やマイナス記号(ー)を入れた場合は、数式ですが何もないときは、「文字列」を入れたのか、数式で計算したいのか判別できないということですね。

数式ではなく、数字が入った文字列を表示したい場合は、頭に「 ’ 」を付けます。

そうすることで、数式ではなく文字として認識されます。

「 この数式には問題があります。」エラー の発生環境

エラー発生環境を紹介します。

・Mac Book Pro 13inch(2020年)
・Microsoft office 365 for MacのExcel

私が使っているのはデスクトップ版のExcel for Macです。Office365はWeb版も使用可能ですが今回発生しているのは、デスクトップ版です。

このエラーは、Windows/Mac問わず、またExcelのバージョン問わず発生します。

「 この数式には問題があります。」エラーの対処方法

このエラーへの対処方法を解説します。

OKボタンまたはEscボタンでエラーメッセージを閉じる

このエラーが出た場合、OKまたはESCでエラーメッセージを閉じることができます。

それ以外の選択肢はないため、サクッと閉じて問題ありません。

数式の訂正をする

エラーメッセージを閉じると、問題の数式がハイライト(強調表示)されているはずです。

数式か文字列かわかりにくい関数・文字列は、セルの頭に下記のいずれかを入力しましょう。

・数式であれば、 イコール(=)やマイナス記号(ー)
・文字列であれば、「 ’ 」

さらに効率的にMacを活用するための3つの方法

Macをさらに効率的に活用する方法が3つあります。

1最新のMacに買い替える
2Macの高速化・最適化をする
3Macを諦め、Mac上でWndowsを動かす

さらに性能のよいMacをチェックする

Mac自体の性能をUPさせるのはもちろん、最新のMacに買い替えてマシンのパワーアップを図るのはいかがでしょう。

最新のMac Bookの性能を確認する

Macの高速化&最適化を試してみる

Macの高速化&最適化を目的としてこういったソフトを試してみるのも1つの手かもしれません。

Macの高速化&最適化なら | CleanMyMac X

・ワンクリックでMacの不要なファイルやキャッシュを自動で削除。高速化&最適化を実現。
・Macの動作スピードを大きく改善。Mac用クリーンアップアプリの決定版。

Macに仮想デスクトップを入れて、Windows上で操作する

Windows版とMac版では同じExcelのソフトでも動作が異なります。

仮想デスクトップを使って、Windows上で、Macを動かしてみるのも今回のエラーに対応できるかどうか試してみるのも1つの方法かもしれません。

MacでWindowsを使えるソフトウェア【Parallels】

・Mac上でWindowsを使えるソフトウェア
・無償トライアル版もあり

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!