資産運用

【銘柄分析:IBM】IBM

IBM銘柄分析 クラウドコンピューティング事業が好調のアイビーエム

こんにちは!
ノオト(@knowledge_notes)です。

米国株の銘柄分析をしていきたいと思います。

IBMは、6四半期ぶりに増収、クラウドコンピューティング事業が好調なIT企業です。

それでいってみましょう!

【IBM】基礎データ

会社名 アイビーエム
ティッカー IBM
セクター テクノロジー
Webサイト(米) https://www.ibm.com/
Webサイト(日) https://www.ibm.com/jp-ja?lnk=m
ISINコード US4592001014

インターナショナル・ビジネス・マシーンズ(IBM)(International Business Machine s Corporation (IBM))は、コンピューター・ソリューションを提供。アプリケーション 、テクノロジー・コンサルティングおよびサポート、プロセス設計・操作、クラウド、デジタル・ワークプレイス、ネットワーク・サービスのほか、事業再生機能、戦略、デザインソリューションを提供する。世界各地で事業を展開

Bloombergより引用

【IBM】株価チャート

IBM銘柄分析 株価

周りのテクノロジー株が好調な中、IBMは低めの株価を推移しています。

といっても、高配当株なので、心配することはありません。逆に各10年を見て低い水準にいることはチャンスでもあると言えます。

配当再投資戦略をスタートさせるには、ちょうどいい銘柄です。

【IBM】業績

IBM銘柄分析 売上高、純利益、粗利率

2011年度をピークに6年連続下降気味、直近4年程は80,000mil$を推移しています。

2011年度と2017年度を比較すると、7年で25%の売上が落ち込んでいます。

これは、ビジネスモデルをクラウドやAI(人工知能)といった市場拡大が見込める最新テクノロジーにシフトチェンジしようとしているためです。

その結果、大部分を占めていた既存事業の売上が落ち込み、5年6ヶ月(22四半期)連続で前年同期比の売上が減少を続けていました。

 

純利益はというと、こちらもパッとしません。やや下降気味と言えるでしょう。

粗利率は50%を推移しています。

【IBM】配当金

IBM銘柄分析 配当金

配当金はきれいな右肩上がりです。

【IBM】配当性向

IBM銘柄分析 配当性向

【IBM】EPS&BPS

IBM銘柄分析 EPS&BPS

【IBM】キャッシュフロー

IBM銘柄分析 キャッシュフロー