このブログはブログテーマ"Swell"を使っています。 Swell公式サイト

【Excel For Mac】MacのExcelで値貼り付けをショートカットキーでするには、「リボンにないコマンド」から「値の貼り付け」

こんにちは、ノオトです。

ノオト
MacのExcelで値の貼り付けを効率化したい。いつも、「形式を選択してペースト」ダイアログでタブを3回押してるんだよね。
本記事のテーマ

Excel for Macユーザに向けて「値の貼り付けをショートカットキーで行う方法」について書きます。

本記事の信頼性

本記事を書いている私はこんな経験があります。
・Macでデータ分析を行っています。
・この方法に出会って私自身も問題解決しました。

読者へのメッセージ

Excelの操作って、ほんのちょっとのことでも繰り返していくうちに、とんでもない時間と集中力を消費していることってありますよね。

今回は、ほんの些細な値の貼り付けですが、ショートカットキーで操作する方法を解説したいと思います。

それでは、いきましょう。

ショートカットキーの割り当て方法

ここでは、Macユーザに向けて、ショートカットキーの割り当て方法を解説します。

「リボンにないコマンド」から「値の貼り付け」を選択

Excel for Macのショートカットキーの割り当てに進みます。

下記の画面で、「リボンにないコマンド」「値の貼り付け」を選びます。

ショートカットキーを指定したら終わり!使えます。

値の貼り付けをショートカットキーに設定する方法

私の場合は、Control + Command + Vにしました。

Control + Command + V

手がツイスター状態ですが、快適です。

自分の慣れたショートカットキーを作成することをオススメします。

まとめ

気になったショートカットキーはどんどん取り入れて効率化していきましょう。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!