このブログはブログテーマ"Swell"を使っています。 Swell公式サイト

【Office365】PowerPointの画像の一部をハイライトして強調する方法

こんにちは、ノオト(@knowledge_notes)です。

ノオト

さて、先輩から頼まれたスライドを作るぞ!大切なところをハイライトで強調したいんだけど…どうやってやるのかな?

今回は、こういった悩みに答えます。

本記事のテーマ

パワーポイントを使って資料を作る人に向けて、「画像の一部をハイライトをする方法」について書きます。

本記事の信頼性

記事を書いている私は、こんな経験があります。

・外資系コンサルタントとして、計10年の実績あり

そんな私のパワーポイントのテクニックを公開します。

読者への前置きメッセージ

手順等を説明する際に、ボタンやリンクなどを強調したい時がありますよね。

ただ、アイディアがないから、みんな赤枠で囲みがち。強調には、いくつかのテクニックがあります。

この記事を読むことで、「画像の一部をハイライトをする方法」をイメージできるようになると思います。

この記事では、2つの強調方法について解説したあとに、ハイライトについて実際に手順を見てみます。

  • 赤枠囲みの方法
  • ハイライトの方法

それでは、さっそく見ていきましょう。

画像を強調する方法2つ

赤枠で囲む

PowerPoint赤枠で強調する方法
  • 最もベーシックな方法
  • 記事やデザインによっては強すぎかも

赤枠で囲う方法は、一番基本的な方法です。PowerPoint(パワーポイント)で四角を作って、外枠を赤に変更すれば完了です。

ハイライトする

PowerPointグレーアウトで強調する方法
  • おしゃれなブロガーが使ってる方法
  • 自然な強調ができる

強調したい個所をハイライトする方法は、おしゃれなブロガーが多用している方法です。PowerPoint(パワーポイント)での作り方は、私も検索して調べたくらい知られていないので解説します。1度覚えてしまえば、5分もかからないテクニックになります。

Powerpointで画像を赤枠で囲って強調する方法

ここでは、赤枠で強調する方法を解説します。

赤枠で強調するのは簡単

PowerPoint赤枠強調の作り方

赤枠四角を作成し、載せたい図に重ねるだけです。↑の例だと下記の設定をしています。

  • RGB(255,80,80)
  • 線の太さ=6pt
  • 枠線のみ・塗りつぶし無し

私のこだわりとして赤枠の線は太めを使います。この挿絵だと6ptを使っています。

また、色は赤の初期値(RGB=255,0,0)は原色でキツイ印象があるため、ややマイルドな赤(RGB=255,80,80)に変更しています。

また、おまけとして”ポイント”と表記しました。これは、

  • 文字白抜き×太字

がいい感じです。

ブログのイメージカラーに合った太さ・色を選ぶといいですね。

Powerpointで画像をハイライトして強調する方法

ここでは、ハイライトして強調する方法を解説します。周りをグレーアウトする方法とも言えます。

こんなハイライト画像を解説

こんなスライドを作りたいと思います。

PowerPointグレーアウト強調の作り方

1 :作りたい画像を用意する
2 :グレー四角を作成する
3 :ハイライト部分のパーツを作る
4 :作ったパーツを重ねる

これで完成です!すべてPowerPoint(パワーポイント)で解説するので、他のCanvaやIllustoratorなどの別のツールを使う場合は、同等の機能をもとに作成してください。

実際に作ってみよう!

1 :作りたい画像を用意する

PowerPointハイライトする方法 画像を用意する

今回は、↑この画像を使ってハイライトしたいと思います。

2 :グレー四角を作成する

PowerPointハイライトする方法 画像を用意する 四角を作成

グレーの四角を作成しました。わかり易いように?の画像の上に重ねています。

こういった色を灰色がかった色にすることを、”グレーアウト”と言います。ここでは灰色の図形を上に重ねて、図形の書式設定から透明度を70%に設定することでグレーアウトしています。

3 :ハイライト部分のパーツを作る

PowerPointハイライトする方法 画像を用意する パーツを作成

強調する箇所は「下書きとして保存」のボタンです。「下書きとして保存」ボタンだけを切り取ったパーツを作成します。上記の画像では、吹き出しも作成してみました。

4 :作ったパーツを重ねる

PowerPointハイライトする方法 画像を用意する 重ねる

上記の画像のようになりましたか?「下書きとして保存」ボタンだけが明るくなり(=ハイライト)それ以外がグレーアウトされているようになります。

おいおい、機能はないの?と声が聞こえてきそうですが、PowerPointで一部を残して周りだけグレーアウトする簡単な方法はありません。

今回のように重ねて作るのが最短ルートと言えます。

ノオト

慣れればたいしたことはないです。

パワーポイントを使いこなすには

パワーポイントに関するオススメ書籍

もし、自分の力でPowerPointのスキルを伸ばしたい場合は、この本がおすすめです。

外資系コンサルの「プロフェッショナルの資料作成技術」が12のステップと154の原則で網羅的に学べます。

ココナラで探してみる

『ココナラ』は、スキルのフリーマーケット。

・Powerpoint作成の作り方を人から学ぶ、
・Powerpoint作成を依頼する
・一部のロゴ、デザインを依頼する

などいろいろな使い方ができるのでお勧めです。

まとめ

画像を強調するには2つの方法がある
・赤枠
・ハイライト
ハイライトは、画像を重ねて作ろう!

関連記事

Powerpointでのマクロの使い方を解説しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!