このブログはブログテーマ"Swell"を使っています。 Swell公式サイト

【Mac効率化】Finderでのファイル操作をReturnキーで開くに変更することができる”PresButan”の紹介

こんにちは、ノオト(@knowledge_notes)です。

ノオト

FinderでReturnキーを押した際に、ファイルを開くようにしたいと思いました。その方がWindowsみたいで便利でしょ

本記事のテーマ

Macユーザに向けて「PresButan」について書きます。

本記事の信頼性

本記事を書いている私はこんな人です。

・初めてMacを使い始めて10年、すっかり信者
・MacBookProをつかって平日は毎日データ分析
・リモートワークきっかけで、超効率化を目指す

読者へのメッセージ

MacとWindowsの操作の違いで、時間をロスすることありますよね。

ほんの少しのことだけど、積み重なると結構ロスしてるんです。

リモートワークで手元の操作を見られることも多くなったので、今回はFinderのファイルをEnterキー(リターンキー)でファイルを開けることができるアプリを紹介します。

ノオト

めちゃくちゃ役に立つアプリです!

それでは、いきましょう。

PresButanとは

Macのアプリ「PresButan」を紹介します。

PresButanの概要

Finder でのファイル操作を変更するアプリです。

・「return」でファイルを開く
・「delete」でゴミ箱へ移動

に変更することができます。

なぜPresButanを使うの?

特にWindowsとMacを両方使う人は、Returnキーの動作が悩みでした。

Windowsでは、ファイルを選んでReturnキー(エンターキー)を押せば「ファイルを開く」なんですが

Macでは「ファイル名の変更」になってしまうんですよね。

この操作性の違いは、些細なことですが結構足を引っ張ります。

ノオト

リモート会議で投影中にあたふた。
ファイル操作がダサかったのは私です。

PresButanのダウンロード

ダウンロードはこちら(無料&実際に私も使っています)

http://briankendall.net/presButan/index.htm

ブライアン・ケンダル(Brian Kendall’s)さんという方が作ったアプリですね。

アイコンがとってもかわいいです。

PresButanの設定方法

ダウンロード

Presbutan.dmgをダウンロードします。

http://briankendall.net/presButan/index.htm

2種類ありますが、最新版でよいでしょう。

「おもしろ」ダイアログに従って設定

ようこそ、Presbutanの設定モードへ!

Mac OS X10.7のバグと、開発をちょっぴり怠けていることもあつこともあって、これからたくさんのウィンドウでPresbutanの動作設定に関する質問をしたいと思います。

Well,Okay
まあ、いいよ

ファインダーにおいて、Returnキーでアイコン(ふぁいるなど)を開けるようにしたいかね?

Yes No

あなたはdeleteキーで、ファイルをゴミ箱に捨てるようにしたいかい?

設定完了!動作確認してみましょう。

設定をやり直しする方法

まとめ

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!