学び

【セキュリティ】trelloの件で、情報流出は怖いってことを痛感した。パスワードのデジタル管理はやめよう。

 

Trelloと言うタスク管理ツールの設定を誤った結果情報流出してまったと言うニュースがあった。

自分のアカウントを調べてみたところやっぱり初期値は非公開になってるいた。自らの意思で公開したと言わざるを得ない。だとしたらそれを分からず公開してしまったいうのは、擁護することが難しい。

流出したデータは、個人情報や銀行口座、パスワードなどかなりセンシティブなものが多い。

流出させてしまった当事者の気持ちになると、辛すぎる。これほんとに人生変わっちゃった人いると思うからあまり騒ぎたてて笑えない。全然笑えないよね。身震いした。

実際に自分が日々に使ったことがないから、タスク管理ツールなのに機密情報乗っけるのかとかGoogleに公開する設定の必要あるのかとかいろんな疑問が湧いてくるけど。

 

明日は我が身、これは気に情報の集約場所を考えていた。

本来はパスワードは、デジタルで管理できると楽な領域なんだけどセキュリティーを考えるとやっぱりここは紙にメモするとか、ネットワークにつながってない端末に管理する必要がありそうだ。

今はどのお店でもサイトでも、ログインパスを求められるから、1つのサービスに1つのログインパスがあると思う。皆1人で50くらいは管理してるんじゃないかな。

これ間違いなくデジタルで管理できた方がいいと思うんだけど、やっぱり紙なのかな。紙と言えば手帳かな。

今の若者が生まれた時から、iPhoneやインターネットがある状態で当たり前のようにそこで情報管理してきた世代だと思うからデジタル化みたいなそんな起動されないのかもしれないな。

人間の歴史からして、上を使ってなかった時代もあるし、ペンを使ってなかった時代もある。筆記具や情報の記録方法も変わってくるはず。情報流出は怖いけどそれでもデジタルで管理していくべきかかな。

 

あと、胸を痛めたのは、被害を受けた就活生たちかな。社会に出る若者は、まだ大人が守ってあげないといけないと思います。社会人になって社会になれすぎて、楽しさもある反面、社会の怖さも必ずあるから。ちやほやする分にはいいんだけど、出鼻挫くのは本当にかわいそう。

>>>CTAをここに設置予定