Mac

【Mac効率化】Excel for Macで文字入力がもっさりする時の高速化方法

こんにちは、ノオトです。

ノオト
ノオト
Excelを最高速で利用したい。そんな男です。

本記事のテーマ

Macユーザに向けて「文字入力の高速化」について書きます。

本記事の信頼性

本記事を書いている私はこんな人です。
・初めてMacを使い始めて10年、すっかり信者
・MacBookProをつかって平日は毎日データ分析してます
・リモートワークきっかけで、超効率化を目指しています

読者へのメッセージ

システム設定の変更はdefaultsコマンドを使います。これはキーの入力・移動速度を高速化します。

それでは、いきましょう。

ExcelforMacの操作に慣れると訪れる次の壁「もっさり文字入力」

始めは操作自体が追いついておらず、間違えたキーを押してしまいまともにExcel for Macを使えませんでした。今では、ショートカットキーとStream Deckのおかげで爆速環境を手に入れています。

また、こまめにキーボードの辞書登録することで、数秒単位の高速化を積み重ねています。

アプリの起動、ショートカットが早くなった後気になってくるのは、そう「文字入力」です。どうしてもExcel For Macの文字入力が「もっさり」していて、自分の打ちたい速さに決まってくれません。

文字入力を高速化する方法

文字入力を高速化するには、キーの反応を早くする必要があります。

下記のコマンドをターミナルから打つことで、解決します。

$ defaults write -g InitialKeyRepeat -int 10 $ defaults write -g KeyRepeat -int 1

まとめ

ノオト
ノオト
だまされたと思ってやってみると、驚くほど高速化を実感できます。キータイプが早い人であればあるほどその効果は実感できると思います。

オススメ書籍

関連記事

 

【Mac効率化】Macでの作業を高速化するために実施したコマンドこんにちは、ノオトです。 本記事のテーマ Macユーザに向けて「高速化のためにしたコマンド」について書きます。 本記事の信頼性...

 

>>>CTAをここに設置予定