ツール

【Macユーザ向け】Excel2016 for Macを複数起動する方法

こんにちは、ノオトです。

ノオト
ノオト
「複数ファイルを扱うときは、Excelが遅くなったり、固まったり、落ちる時もあって効率悪いよね。そんなときは、EXCEL自体を複数立ち上げると便利です」

今回は、Excel2016 for Macをガチで仕事で活用するためにExcel複数起動の方法を書きます。

本記事のテーマ

Macユーザに向けて、「複数Excelファイルを立ち上げる方法」について書きます。

本記事の信頼性

本記事を書いている私はこんな経験があります。
・プライベート含めMac歴5年
・仕事でMac Book Proをガチ利用

読者へのメッセージ

Macで、ガチコンExcel分析をするときは、複数立ち上げるのがおすすめです。

それでは、いきましょう。

解決したい問題

複数ファイルを立ち上げているとこんな問題が発生します。

  • EXCELが遅くなる
  • EXCELが固まる
  • EXCELが落ちる

原因はいろいろあると思いますが、リモート会議が増えた今、ビデオ会議中にExcelが落ちたら目もあてられません。(経験済)

前提となる環境

・Mac Book pro 13インチ
・Excel for Mac 2016

原因

複数のFileを同時に開いたり、シート数の多いファイルを開いたり、参照関係があったりすると1つ1つの処理に時間がかかるからです。

解決方法

①Automater を起動

②アプリケーションを選択

③シェルスクリプトと検索

④”シェルスクリプトを実行“を右にドラック&ドロップ

⑤下記のスクリプトを記載(コピペでOK)
open -n /Applications/“Microsoft Excel.app”
※注意:Microsoft Excelのように、間にスペースがあるアプリを起動する場合は、“”で囲みます。

⑥保存
デスクトップでもどこでもいいです。
名称も、好きにつけましょう。私は「EXCEL複数起動」としました。

あとは、作成したファイルを起動するだけです。DockのExcelアイコンが2つになれば成功です。

まとめ

Excelを複数起動することで、下記の事象が発生しても、もう片方の立ち上げたEXCELでは影響なく動かすことができます。

  • EXCELが遅くなる
  • EXCELが固まる
  • EXCELが落ちる

ぜひ、お試しください!

 

 

>>>CTAをここに設置予定