学び

【リモートワーク】無印良品のオーク無垢材デスクに、バウヒュッテのBHD-670Hをサイドデスクとして使うことで狭いスペースでもL字デスクを実現

こんにちは、ノオトです。

ノオト
ノオト
自宅の限られたスペースでもL字デスクを実現

本記事のテーマ

リモートワーカーに向けて「私のL字デスクのアイディア」について書きます。

本記事の信頼性

本記事を書いている私はこんな経験があります。
・リモートワーク1年を終えて、今2年生
・幅110cm×55cmのオーク無垢材デスクで仕事中

読者へのメッセージ

デスクに十分なスペースがあれば作業が捗ります。一方で、リモートワークでは自宅の限られたスペースで工夫する必要があります。L字にしてデスクの広さを確保しつつ、家族のスペースは守るそんな一石二鳥のアイディアを話します。

それでは、いきましょう。

リモートワークも早1年

リモートワークが始まって1年が経つ。自宅の1部のスペースを仕事スペースとして使っている。もちろん毎日の生活を家族ともにする場所なので、必要以上に広くすることができない。その一方でディスクの広さは作業効率に直結する。

わたしもL字で仕事したい

横幅110cm位が入るL字デスクを探していたんだけれどもなかなかいいものがない。

そこでサイドデスクを探し始めた。結える店みたいなものを横に置くことで作業スペースを確保しようと言うもの。

もともと使っているデスクは、無印良品のオーク無垢材デスクで一般的な大きさ。

幅110cm×奥行55cm×高さ70cm

ノオト
ノオト
中古で買ったよ

無印良品のオーク無垢材デスクには引き出しが付いているので、床からディスクまでの空きスペースは約60cm。

考えなきゃいけない要件として、

・L字デスクにするんだったらディスクの天板と同じ70センチ高さがいい。
・机の下の収納として考えるのであれば、60センチ以下でなければいけない

つまりこの2つは相反する要件であり、家具であればどちらかを選ばなきゃいけないなぁー困るなーと思っていた。

楽天や、アマゾンでサイドテーブルと言うキーワードで探していたがなかなか良い形は見当たらない。どちらかと言うとソファーの横横で使うようなおしゃれなものが多かった。

そこで偶然目に入ったのがPCワゴンと言うキーワード。本来、PCの音でかい箱の部分を格納しておくためのものなんだけどその時はなんとなくちょうど良さそうだなぁと思ったんだよね。

バウヒュッテ(bauhutte)の昇降式LEDデスクBHD-670Hに出会う

たどりついたのが、昇降式LEDデスクBHD-670H。バグってと言うゲーミング家具などを扱うブランドのPCワゴンである。これの良さは高さが変えられることつまり先程の相反する要件をどちらも満たすことができる。

無印良品のデスクの下にも格納できるし、日中仕事をするときには高さを変えてL字デスクのような形で使うことができる。

L字デスクを置くにあたって右側にも左側にも置くことができるから、使い勝手を後で考えることができる。

まとめ

ノオト
ノオト
はっきりってベストマッチの組み合わせを見つけてしまったと思っている。この2つの家具は結婚すればいいと思う。

関連記事

【2021年】私の仕事道具|効率を上げる「リモートワーク環境・ガジェット」を紹介こんにちは、ノオトです。 本記事のテーマ 「私のリモートーワーク環境」について書きます。 本記事の信頼性 本記事を書いている...

 

 

>>>CTAをここに設置予定